Tag Archives: 公益資本主義

公益資本主義が定着し始めている

公益資本主義の研究プロジェクトをスタートしてから3年。先進国の経済的なトラブルが続く中、公益資本主義という概念が定着し始めているようです。まずはオンラインの辞書に乗りました。

goo yahoo! kotobank

そしてトヨタ自動車の豊田社長がテレビインタビューで下記のように使ったそうです。

豊田社長は雇用を守ることについて、今は石にかじりついても守ると言っているがそうならなくなる状況もあると話した。大企業こそが中小企業の発注者なのを理解して欲しいと話した。豊田社長は公益資本主義の土俵の中で成長をしている限りは応援してもらえると話し、成長し続けたいと話した。」(リンク

公益資本主義 講演録の掲載

3月4日に交詢社で公益資本主義について講演をしました。交詢社は銀座の交詢社通りにある、福澤諭吉が1880年に作った「日本最初の実業家社交クラブ」。演題は「21世紀の三方よし これからの資本主義」でした。交詢雑誌に掲載された講演録を、交詢社の許可の下でシェア致します(財団法人交詢社『交詢雑誌」第552号平成23年5月20日発行)。

講演の場のご提供、講演録の転載へのご協力、交詢社の皆様に厚く御礼申し上げます。

ニュースレターを始めました

公益資本主義の研究を進めるに当たり、世界経済の動向を分析するニュースレター「DJBクォータリー」を始めることにしました。第一号の内容はアメリカ経済の動向、自治体の財政赤字と支出の削減、労働組合の衰退、ゼネラル・エレクトリックの税逃れ活動、マネー・ゲームの復活、そして公益資本主義に関連するマイケル・ポーター先生の最近の研究のご紹介です。英語ですが、ご関心のある方、ぜひご覧下さい。こちらからダウンロードできます。メーリングリストに追加されたい場合はご連絡ください。

【アップデート】東北大地震における分析を加えたらどうか、と日本の友達からコメントを頂きました。改訂版はこちらからダウンロードできます。

「21世紀の資本主義社会に向けて」

日本印刷技術協会の月刊誌「JAGAT info」の8月号に小生の講演のまとめが掲載されました。こちらからダウンロードできます。編集者は記事を下記のように紹介しています。

20世紀をリードしてきたと言えるアメリカの経営も日本の経営も、今は問題を抱えている。いわば他者の利益を奪うことで自分たちの利益を最大化しようとするゼロ・サムの経営に陥っている。そこにある利益は、まさに自分たちだけの私益である。しかし、利益は私益だけではない。共益という仲間と一緒に利益を得ることや、公益というものもある。21世紀における新たな「資本主義と公益の関係」について考える。

公益資本主義の研究報告書

公益資本主義研究の報告書が東京財団のホームページに載りました。アメリカ流の資本主義の問題点を分析し、新しい「公益資本主義」の必要性を説明しています。

※ 報告書の図表がおかしくなっているようです。報告書の改訂版が出来るまで、イメージをここに載せておきます。

アベグレン奨学基金研究員の選任

本日、小生の恩師だったジェームズ・アベグレン先生を記念する「ア ベグレン奨学基金」の研究員の第1号として選ばれたことが分かりました。アベグレン先生と不思議なご縁がありました。まず大学時代に上智大学へ見学に行った時に、たまたまアベグレン先生の講演でした。そして卒業後にアベグレン先生が立ち上げたボストン・コンサルティング・グループの東京オフィスに入社することになり、会社のイベントの関係でまたお目にかかりました。博士研究を始めてから東京を訪れる度にご相談に伺うようになりました。

アベグレン先生は第二次世界大戦が終わった直後から日本の経済と企業経営を研究され、「日本の経営」、「カイシャ」、「新・日本の経営」などの著書を出されました。ハーバード・ビジネス・スクールで勉強しながら英米流の株主至上主義に対して疑問を抱くようになった小生には、アベグレン先生の思想が非常に参考になりました。企業はお金を作る機械ではなく、長期的な発展を心掛けるコミュニティーであるというアベグレン先生のご指摘は、アメリカのビジネス・スクールでは見落とされている視点です。そして、アベグレン先生との会話は公益資本主義の研究を始めたきっかけの一つにもなりました。

従って、21世紀の資本主義のあるべき姿について研究をこれから進める経緯において、アベグレン奨学基金の後援を賜ることは誠に幸甚です。

資本主義を進化させよう

公益資本主義についてのコラムが東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)のホームページに載りました。21世紀のナレッジ・エコノミーに相応しい経済制度を作るための提言を書いてみました。

資本主義の根底にある概念は正に美しい。つまり個人がそれぞれ自分の才能を自由に活かし自分の目的に向かって努力していけば、社会全体において限られた資源の有効な活用が期待できるということだ。しかしそれぞれの個人の活動を調整する見えざる手の力には限界がある。特に先進国の複雑な経済制度においては見えざる手が逆に非効率と不公平な格差を生んでしまっている。PARIのホームページで続きを読む